全国送料無料(沖縄は除く)

水の枕・JPバランスピロー 水の力=頸椎への負担軽減&安眠追求!

水の枕・JPバランスピロー 水の力=頸椎への負担軽減&安眠追求!

通常価格
¥12,800
販売価格
¥12,800
通常価格
¥15,800
売り切れ
単価
あたり 

『 祝 アメリカデビュー決定! 』

長い年月をかけて自社開発した「枕」を紹介させていただきます。ベースの素材に「水」を使い「質の高い睡眠」「頭部、頚椎から背骨、骨盤のリセット感」にこだわった商品です。

 

 

「水の枕」の開発者・誉田(ほんだ)と申します。

私は約20年前,、東京都港区にカイロプラクティック院を開業し、のべ12万人ほどの患者さんを診てきました。色々な職業、様々なお悩みをお持ちの方々に触れてきましたが、その患者さん達との会話の中で一番話題にでてくるのが「枕」に関してでした。

朝起きても寝た気がしない、爽快感がない、、、

 

いつも首が張っている、すぐ寝違える、、、

 

 

 

「これって枕が原因ですか???」

 

 

 

長い時間共に過ごす枕ってすごく大事です

 

人間はリセットするために寝ます

 

その睡眠が十分なものでないと、、、

 

 

 

「枕が合わない」

 

この言葉、当院では本当によく聞きます

 

 

 

枕の高さが合わないと、頸椎のカーブ・アーチが不安定になり、頸椎とつながる背骨、骨盤全体に影響します。背骨・骨盤は全体のバランスで成り立っています。どこか1か所不安定な部分があると全体に影響します。高さはセンチ単位で細かく自分好みに合わせたいです

 

どういう枕が寝返りが打ちにくいかというと、人間の細かな動きに合わせ「瞬時に形状が変化しない枕」だと考えています。人間は大きな寝返りもしますが、(呼吸も含め)常に小刻みに頭・頚部、身体全体を動かしています。その動きに合わせ形状が瞬時に変わらないと本能的に不快感を感じます。その小さな動きに「瞬時に変化する素材」が最適なものであると考えます

 

枕には、低反発、高反発、色々な素材があります。前項の続きになりますが、瞬時に変化する素材でいうと水が最適です。瞬時に変化するだけではなく、水には身体によい様々な特性があります。詳しくは後述いたします。

 

この3つが重なって「この枕合わない」という結論になるのでしょう

※個人的見解も入っております

 

 

そこで「快適で質の高い睡眠」「頭部、頚椎から背骨、骨盤のリセット感」にこだわった枕を開発いたしました

 

 

枕でお悩みの全ての方に

おススメいたします!

 

 

 

 

※枕カバー付き

 

この枕では「水に浮かんで気持ちよーく眠っている感覚」を再現しました

 

海やプールで仰向けになり浮かんだことはありますか?

 

「身体も心もスーッと楽になる」あの気持ちのいい感覚です

 

元々人間は母親のお腹の中では水に浮かんでいます

 

人間は本能的に「水」という素材に触れると心も身体もホッとします

 

DNA的に「水」とは相性がいいのだと思います

 

快適で質の高い睡眠をとり、毎日を元気で過ごしたい方におススメです!

 

 

 

 



①「オーダーメイドのようなフィット感」

構造

 

 

この枕はベースの部分は「水」の層でできています(図の青い部分です)。その部分に水を注入して高さを調整します。重力による負荷を軽減し、水の圧が頚椎に均一に分散して伝わるように絶妙な量のクッション繊維をまとわせてあります。これにより何とも言えない心地のいい圧感が頭部、頸椎に伝わり快適な眠りへと導きます

 

 

 

 

 

自分が枕に合わせるのではなく、枕が自分に合わせてくれる

頭部、頚椎の形状は人によって全然違います。水は自在にその形状を変化できるので、人それぞれ形状の違う頭部、頚部にジャストフィットし快適さを提供してくれます

 

②「高さが自由に変えられる」

枕のベースとなる層の部分に水を注入し、その注入量によって高さを自分好みに調整できます。キャップの蓋をあけて水を入れるだけなので、すぐさま高さを変えられます

水の出し入れがしやすいようキャップオープナーが付いております

最適な枕の高さは数か月スパンで変化する

枕の高さは非常に大切です。人それぞれ最適な高さは違うのでセンチ単位で合わせる必要があります。

また、数日単位ではあまり変わりませんが、数か月スパンでみると自分に最適な枕の高さは変わります。季節による変動は結構あると思います。

体調のいい(好きな)季節は背骨全体も緩み傾向で、その際は枕はいつもよりやや高めに、、、、

乾燥、風邪のはやる冬は肺に負担がかかるので胸椎部が硬くなります。こういう時は枕はいつもりやや低めに、、、、

 

 

これは患者さんの身体を触るとよくわかりますが、背骨や骨盤は、このような季節だけでなく、気温や気圧変動、内臓のダメージ度、花粉症時期など様々な要因により大きく変化しています。加齢によっても変わってきます。

身体は常に変化しています

実は枕が合わない原因の1つにこういった身体の変化もあると思っています。

よって枕は、高さを自分好みにすぐに簡単に変えられることが大切だと考えています。

この枕は高さを水の量で調整するため、自分の快適な高さに簡単に変えることができます。

またベースは「水」ですので、へたることもありません

 

 

③「頭部、頚椎から背骨、骨盤のリセット感」

上部胸椎1~3番目の部分から枕に乗せることにより頭部、頚椎をしっかりサポート

頭部や頚椎は胸椎1~3番を土台として動いています。その土台部分から枕に乗せることにより、頭部、頸椎への負担を軽減します

頭・頚部の動きに合わせて底部の水が瞬時に動き、負荷圧が1点に集中するのを防ぎます。頭・頚部全体をやさしく包み込みしっかりサポート。

その独特の「水による圧・ホールド感」により水のフワーっとした気持ちよさを感じながら、頭部・頚椎には安心感を与える。

 

水なのに頭部、頸椎はしっかりと安定しています!

 

頭部、頚部が楽になると、そこと連動している背骨、腰への負担も軽減し、身体全体のコンディションも上がっていきます。

上の写真は枕が高く見えるかもしれませんが、上部胸椎から枕に乗せるので低めが好みの方も大丈夫です。

 

また上部胸椎から乗せることで気道への負担も軽くなり呼吸も楽です

いびきでお悩みの方にもおススメです

 

肩も楽です

 

④「寝返りがしやすく、様々な寝姿勢に対応」

 

 

快適な寝姿勢は人によって大きく異なる

快適に眠る姿勢は人それぞれ全く違い様々な寝姿勢があります。

・寝返りを激しくおこなう人そうでない人

・仰向けで直立不動

・仰向けで右手だけを上げて首を45度右に傾ける

・横向けで丸まり、アゴはやや左に回旋し両手を膝で挟むなど、、、

 

 

どれが正解というのはなく、またどんな変な寝方をしてもその方が快適と感じる限り身体にダメージはありません。

ただそれらのような様々な寝姿勢に対し、枕がそれに合わせて瞬時に反応してくれないと頚椎や背骨全体に負担がかかりダメージを受けます。

※個人的見解も入っております

「水の枕」は人間の様々な動きに瞬時に反応し、フィットしてくれるのでどんな寝方をしても大丈夫です。

 

うつ伏せ寝も問題ありません!

 

また、この枕は水の重みでズレないので安定感があり、それも寝返りのしやすさ、快適な眠りにつながっています

 

横向け、仰向け、どちらにもフィットします

通常、仰向けでちょうどいい高さですと、横になると低く感じます。水の枕は横向けになると、下の写真のように肩部を枕の下部にのせるため、水を上へと押し上げます。これにより頭部をのせる部分が押し上げられ横向けでも快適に眠ることができます

 

 

サイズ2種類、やや大きさが違う2タイプの「水の枕」をご用意いたしました

タイプA

(ここまでの写真はすべてタイプAです)

寝返りが少なめの方用

タイプB

寝返りが多い方用

※詳しくは後述いたします

 

 

⑤「快適な枕の温度感」

枕のベースとなる水の層をクッション繊維で包む構造なので、年間通して枕の温度はほぼ一定です。頭部がほてりやすい方も大丈夫です。

氷を入れての使用も可能です

ただ、どうしても火照ってしまう場合や夏の暑いときなどは氷を入れていただくとひんやり快適に過ごせます。

※素材は水ですが風邪の時に使用する水枕とは違いますので冷たくはなりません。年間通して快適な温度を保ちます

 

⑥国際標準の安全安心な素材を使用、手洗いも可能です

 

エコテックスとは、世界で最も厳しい審査基準で、繊維製品の安全性をはじめ、生産体制や環境への配慮等を厳しくチェックする世界基準の安全性と信頼性を証明する国際指標です。 「水の枕」はこの基準をパスした 安心・安全な繊維素材を使い製造しております。「エコテックススタンダード100」は、すべての国の規制に対応しています。

手洗いも大丈夫です!

 



・枕を立てて、付属のキャップオープナーで蓋を開けます

・キャップオープナーを水の注ぎ口にはめ、ペットボトルなどで水を注ぎ適切な高さに調整します

初回は入れた水の量を測りながら、ある程度自分のベースとなる好みの高さを決めます。100~200mlでも寝た感覚は違うのではじめだけ細かく高さを試しベストな高さ、その際の水の量をみつけてください

入れる水の量(大体の目安です)

低め:1~3ℓ、普通:3~5ℓ、高め:5~8ℓ

 


・お水、ぬるま湯で手洗いが可能です(洗濯機、乾燥機は使用不可です)。枕全体に水を含ませ優しく洗ってください。平らな所に枕を置き上から圧迫するように水を切ってください。タオル等で圧迫し水を吸収するようにしていただいても大丈夫です。水洗い後は外で自然乾燥させてください。

※「詳しい使い方」「手洗い、メンテナンス方法」は商品と一緒にお届けいたします

 

 「枕本体」と「枕カバー」無料(枕1個ご購入につき1枚)でお付けいたします

・衛生面も考慮し真空パックの状態でお届けいたします。水が入ってない状態で真空に圧縮するとかなり薄くなりしかも軽いです。(圧縮しても品質には全く問題ありません)

もし布団圧縮バックがご家庭にありましたら、それを使うと収納、持ち運びに便利です。旅行にも持参可能です。

  

やや大きさが違う2タイプの「水の枕」を用意しました

 

※モデルさんは筋肉隆々でガッチリしています

 

・タイプA(ここまでの写真はすべてタイプAです)

寝返りが少なめの方用

※モデルさんは筋肉隆々でガッチリしています

・タイプB

寝返りが多い方用

※モデルさんは筋肉隆々でガッチリしています

 

・タイプA

寝返りが少なめの方用

 

 

・タイプB

寝返りが多い方用

 

※写真は全て枕カバーが付いた状態の商品です

タイプAとタイプBのセットもご用意しております!

 

枕カバーをとるとこのデザインです(デザインは多少変更になる可能性もあります)

 

 


Q1:保証はついてますか?

A1:1年間の無料保証がついております。トラブルありましたら即対応いたします

Q2:水漏れの心配はないですか?

A2:底部のポリエステル繊維でできている水の層も強度テスト済みです。水を注入後しっかり蓋を締めてご使用いただければ大丈夫です

Q3:お湯を入れても大丈夫ですか?

A3:水を入れるポリエステルの層は熱に弱いです。お湯を注入はご遠慮ください

Q4:水は交換が必要ですか?

A4:水は水道水を入れてください。また半年に1回は水を交換してください

Q5:耐久性はどうでしょうか?

A5:製造工場に聞くと水を入れるポリエチレン層は10年ぐらい大丈夫なようです。どの枕もそうですが、経年劣化による外層部のしみ、変色などはどうしてもあるかと思います(変色しても品質、衛生上の問題はありません)。メンテナンスはまめにおこなってください

 



 

骨格調整のプロ集団・多数のプロを輩出してきた赤坂元気堂(東京都港区)から生まれたブランドです。

30年に及ぶ「骨格調整」「トレーニング」の経験を商品にして、世の中に発表しています。いい商品を開発して2021年にはアメリカのクラウドファンディングにも挑戦したいです。

代表の誉田はトレーニングによって人生が変わり、この道に飛び込みました。そのトレーニングで使用するバーベルをイメージしたデザインになっています。(誉田の顔はこのキャラみたいに可愛くはありません)

 

「枕が合わない」

「質のいい睡眠がとれてない」

「頭、頚椎、身体がどよーン」

「元気になりたい!!!」

 

そんな方に

 

 

 

おススメいたします!!!

 

 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

製品仕様

商品名:JPバランス・ピロー

ブランド名:MHBodyWork

枕本体

内層:ポリエステル
断熱層:ポリエチレン
外層:コットン

サイズ:約50(40)×70(80)×高さ(水を入れる前14~17センチ、圧縮すると1.5cm)※高さは水の量で調整

重さ:約680グラム

枕カバー:コットン

※キャップオープナー付き

製造:China

※最近の中国商品は品質がいいです(もちろん工場選びは大事ですが)。昔のイメージはあまりよくない印象ですが、実際工場の方とやり取りしてみてレスも速いし、受け答え対応もすごく丁寧です。品質面はご安心ください

開発・販売元:株式会社M.H.WORLD(代表取締役:誉田雅広)